「哀しみのベラドンナ」1973年劇場公開作品

哀しみのベラドンナ



虫プロダクションの作品には、アニメラマに限らず、実験アニメ的な部分がありますが、この『哀しみのベラドンナ』はその中でも最高の作品でした。
『千夜一夜物語』『クレオパトラ』に続く大人のためのアニメーションの第3作です、手塚 治虫が関わらず、山本 暎一監督を中心にして虫プロダクションの若いエネルギーが作り上げた作品で、ドラマも映像の作りかたも、前2作とは大きく異なっており、キャッチフレーズも「アニメラマ」から「アニメロマネスク」に変更されました。原作は歴史学者ジュール・ミシュレの「魔女」。中世フランスの農村を舞台に、より強烈なエロティシズムと沈痛なリリシズムで、愛する夫のために悪魔に肉体を売った女性、ジャンヌの哀しき物語を描いています。映像的には、挿絵画家の深井 国を採用し、深井 国のイラストのイメージで全編を制作。セル画のテイストを極力排し、静止画を多用する、あるいはイラストを動かしてしまうという実験的なスタイルが採られています。中でも映画の中盤、ジャンヌが悪魔に身と心を委ねた後の、イメージが洪水のように溢れかえるシークエンスは圧巻です。


 『哀しみのベラドンナ』は時期尚早で公開後、ほとんど振り返られる機会がありませんでした。
 芸実的な漫画映画が脚光を浴びている今だからこそ再評価されるべき作品でしょう。

 中世フランスのとある村。ジャンとジャンヌの婚礼の日、領主は貢ぎ物の代わりにジャンヌを犯し、家来達に輪姦させた。村は飢饉だったが、悪魔の力を得たジャンヌは紡いだ糸を売って生計を立て、そのおかげでジャンは税金を取り立てる役人になる事ができた。だが、戦争の資金が調達できなかったジャンは左手首を切り落とされ、やがて、ジャンヌは悪魔つきとして村人に追われる事に。ジャンにも見放されたジャンヌは、身も心も悪魔に委ねて、魔女となった。黒死病が村を襲い、人々は倒れていった。ジャンヌは毒草ベラドンナを使い、人々の病を治すのだが……。
制作
  渡辺 忠美
  吉田 輝明
  本橋 誠
  小池 佳子 
 原作
   ジュール・ミシュレ 
 翻訳
   篠田 浩一郎(現代思想社「魔女」より) 
 監督
   山本 暎一 
 脚本
   福田 善之
   山本 暎一 
 美術
   深井 国 
 作画監督
   杉井 ギサブロー 
 原画 前田 庸生 辻 伸一 勝井 千賀雄
     野部 駿夫 岡田 敏靖 出崎 統
     吉田 忠勝 羽根 章悦 福田 きよむ
     光延 博愛 北川 玲子 村田 四郎
     関 修一  など
 動画 小林 準治 牛越 和夫 猿山 二郎
     千田 幸也 吉橋 節 新井 雅貴
     岩崎 治彦   など
 仕上 木戸 桂子 竹内 翠 笠井 志都子
     唐崎 泰子 鈴木 絢子 
     望月 智恵子    など
 作画協力
     林 静一 ウノ カマキリ
 美術助手 
     児玉 喬夫 下道 文治 馬郡 美保子
     佐々木 順子 古佐小 吉重
     近井 美穂
 アニメ撮影 
     山崎 茂 月岡 英生 柴田 昌利
     宮内 征雄 熊谷 晃史 藤田 正明
     宮坂 光一郎 下モ 由紀子
 編集 古川 雅士
 音響監督
   田代 敦巳
 効果 柏原 満
 録音 岩田 広一
 現像 東京現像所
 音楽
   佐藤 允彦 
 声の出演
  長山 藍子  中山 千夏  高橋 昌也
  米倉 斉加年  伊藤 孝雄  しめぎしがこ
  津坂 匡章  山谷 初男  新村 礼子
  林 昭夫  山口 譲  磯貝 陽悟
  石橋 雅史  折尾 吉郎  伊東 満智子
  後久 博   菊池剣友会  仲代 達矢


 主題歌 「青い鏡のなかで」ほか
 作詞 中山千夏
 作曲 佐藤允彦
  歌 中山千夏

 「哀しみのベラドンナ」
 作詞 阿久 悠
 作曲 小林 亜星
 編曲 川口 真
   歌 橘まゆみ
 サントラ盤 シネディスク

物語

 中世フランスの美しい農村で愛し合う二人、ジャンとジャンヌが結ばれた。この頃、快楽と苦痛は神の、またその化身の領主からの授けものと考えられたから、喜びには報酬を、神、すなわち領主に捧げるのがならわしだった。

 二人もそれに従ったが、領主は法外な要求を持ち出し、できなければジャンヌの初夜を捧げるようにと言った。ジャンの必死の願いもむなしく、ジャンヌは領主と家来のなぐさみものになった。

 妻を凌辱の手から救えなかった悔恨と嫉妬、愛する夫に捧げる前に汚されてしまったことの夫への申し訳なさは、お互いの心の底深く沈澱していった。

 村では飢饉と領主の重税に人々はあえいだ。だが二人の家はジャンヌの紡ぐ糸のおかげで苦しまずにすんだ。そんな中でジャンヌに悪魔がとりついているという噂がたった。

 戦争が始まり、税役人を命じられたジャンは貧困の村から戦費を集めなければならなかった。しかしうまくいかず領主の怒りをかって左の手首を切り落とされた。残酷な仕打ちさえ神の恵みだろうか。ジャンヌの魂には神への反逆の炎が燃えあがっていった。そんなジャンヌの神に対する反逆は領主を怒らせ、彼女は魔女の烙印を押された。

 野に逃れたジャンヌは、絶望の淵から立ち上がっていく。その頃ヨーロッパには黒死病が広がった。べラドンナの花からその薬を作ることを知ったジャンヌを、領主はジャンをそそのかして呼ぶ。が、彼女の心は領主の権力には動かされなかった。怒った領主はジャンヌに火あぶりの刑を宣告した・・・。






SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO